全国対応・低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】資料請求プログラム

エンディングノートに必要な項目について

「エンディングノートを手にしたことがない」という方がいらっしゃるかもしれません。
そういう方のために、エンディングノートにはどんな項目が並んでいるのか、紹介します。
とくに今回、紹介する項目は必要性の高いものです。

ぜひ参考にしてください。

①あなたのこと(基本的な情報)
名前、生年月日、住所、出生地、本籍地、父親の名前、母親の名前、兄弟姉妹の名前。

②あなたのこと(人生の歩み)
学歴、職歴、結婚(離婚)、資格、免許。

③あなたの家系図
家系図、家族・親族などの住所録。

④ あなたの交友関係
友人・知人の住所録

⑤あなたの健康
病歴、かかりつけの病院、認知症などになったときの看病について、病名・余命の告知について、ホスピスケアについて。

⑥あなたの葬儀
葬儀の形式・規模・希望について、喪主、戒名、お墓、法事。
もし信仰している宗教があるならば、そのことも記載。

⑦あなたの財産
不動産、預貯金、株式、カード、その他の資産、そしてその贈与について。
借入金やローンがある場合は、そのことも記載。
もし遺言書に詳細があるなら、その保管場所なども記載。
生命保険、損害保険、年金などの詳細。

⑧あなたのもの
形見分け・遺品について、携帯電話やパソコン内のデータ、日記、手帳。
贈与もしくは処分の場合も、そのことを記載する。

⑨あなたの言葉
大切な人に伝えるメッセージ、残したメッセージ、どうしても言いたかったこと。

⑩あなたの写真

これらの項目にすべて答えられるなら、決して市販のエンディングノートを使う必要はありません。
使い慣れたノートに書き記していくのもいいでしょう。

しかしどれも当たり前のことになっていて、普段、改めて書こうとしないものばかりです。

だから、残っていないことが多いんです。

ただ、あなたが亡くなったとき、せっかく書いたエンディングノートが見つからなければ、意味がありません。


全国対応・低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】資料請求プログラム

エンディングノートとは

Copyright (C) エンディングノートとは All Rights Reserved.